信頼と安心のDICスピルリナ DICライフテック株式会社

“Vital Spiral” Spirulina
スピルリナ トップ
スピルリナとは
DICスピルリナの栄養素
DICスピルリナの
青色色素
DICスピルリナの特徴
DICスピルリナの生産方法
自然環境保護
DICスピルリナの安全性・認定取得状況
DICライフテックのスピルリナ製品ラインナップ

【デジタルパンフレット】

リナブル−®
リナブル−

日本語 Korean English


DICスピルリナパウダー
DICスピルリナパウダー

日本語 Chinese


Global Leaders of Spirulina
Global Leaders of Spirulina

English


English
Spirulina Top page.



自然環境保護

スピルリナは他の植物と比べて光合成能力が非常に高く、スピルリナを24〜60リットル培養すると人間の呼吸に必要な1日の酸素(700〜800g)が取り出せるといわれています。

現在DICグループが生産するスピルリナ(年間900トン)と同時に消費するCO2は1530トンになります。

宇宙で自給の“星”スピルリナ

24〜60リットルのスピルリナ培養液で、1人の人間が1日に必要とする酸素と食糧を供給できます。消化が良く、栄養価が高いスピルリナが宇宙ステーションで活躍する日が楽しみです。
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、閉鎖系生命維持装置の開発をしてきました。

閉鎖系生命維持装置

この装置では、スピルリナと魚を共存させ、魚は必要とする酸素を光合成藻類のスピルリナから得、一方魚が排出した炭酸ガスをスピルリナが炭酸同化作用に利用することにより、お互いの生命維持を実現するものです。
本装置は将来人類が宇宙で生活するにあたり(例えば宇宙ステーションなどでの長期生活)、長期間にわたり酸素と食糧を確保することを目的に開発されました。

このページの先頭へ戻る