よくあるご質問・お問い合わせ

よくあるご質問

お問い合わせの前に

お問い合わせの前によくあるご質問をご確認ください。

  • サプリメントタイプ

  • パウダータイプ

  • エキスタイプ

  • 共通

一般のお客さま

1日のうち、いつ飲んだらいいの?
いつでもお飲みいただけますが、おかずの1品と考えて食事の時などにお茶や水(お湯)などでお飲みになることをおすすめしています。
どのくらい続ければいいですか?
スピルリナを初めて飲まれるお客様には3か月を目処に毎日飲んでいただくようおすすめしています。
お薬と飲み合わせても問題ありませんか?
スピルリナに含まれるビタミンKにより血液凝固阻止剤(ワルファリン)の働きが弱まる恐れがあります。ビタミンKが多く含まれている食品(納豆・青汁・クロレラなど)を控えるよう食事指導を受けられている方はスピルリナ製品の摂取をお控えください。
体に合わない場合がありますか?
非常にまれにですが、他の食品と同じようにスピルリナも食品として体に合わない場合があります。スピルリナのたんぱく質などがまれに皮膚のかゆみ、発疹、胃の不快感、下痢などの症状を起こすことがあります。飲んでおかしいと思ったら、いったん摂取を中止してお問い合わせ先までお知らせください。
スピルリナは野菜と比較するとどのくらいの栄養素が摂れますか?

スピルリナ4gで1日分の緑黄色野菜120g分のβ-カロテン相当量を摂れます。詳しくは以下の比較表でご確認ください。

スピルリナvs野菜 比較表

成分 スピルリナ4g ※1 緑黄色野菜100g ※2 淡色野菜200g ※2
たんぱく質 2.5g 1.7g 1.7g
食物繊維 0.2g 2.5g 3.0g
カルシウム 44mg 58mg 54mg
3.6mg 1.1mg 0.6mg
β-カロテン 7,400μg 2,770μg 204μg
ビタミンB1 0.13mg 0.08mg 0.08mg
ビタミンB2 0.16mg 0.11mg 0.06mg

※1スピルリナ(4g)は、スピルリナ原末より算出

※2代表的な野菜8種の平均値(「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」による)

子どもや妊娠中(予定)の人がスピルリナを飲んでも大丈夫ですか?
スピルリナの粒を上手に飲めるお子さんであれば、ご利用いただけます。お飲みになる量は食品ですので、特に決まりはありませんが、お子さんの場合は歳の数の粒数を目安にお飲みいただければと思います。(例:6歳の場合一日目安6粒程度)妊娠予定の方や妊娠中・授乳中の方もご愛用いただいております。
他社のスピルリナとDICスピルリナでは違いがありますか?
お米でも産地・品種により味や成分などが違いますが、DICスピルリナを使った商品は、分解して消失しやすいβ-カロテン、フィコシアニン、ゼアキサンチンなどの健康成分を高濃度に含有します。また、安価な類似品では、重金属(カドミウム、鉛、水銀)の含有量に関する管理が懸念されます。
スピルリナパウダーは1日にどのくらいの量を使えばいいですか?
食品ですので特に決まりはありませんので、まずはお料理に振りかける程度の少量から初めてお好みの量でお召しあがりください。スピルリナパウダー4gで1日分の緑黄色野菜120g分のβ-カロテン相当量を摂れます。おすすめの摂り方はクックパッドにも掲載していますので、ご確認ください。
スピルリナエキス飲料はどんな人に向きですか?
スピルリナに含まれる多糖を高濃度に含有した健康飲料です。栄養は摂れているけれど、より健康でありたい、いつまでも元気に過ごしたい、という方に特にお勧めしています。
賞味期限が過ぎていますが、飲んでいいですか?
賞味期限はあくまでも食品をおいしくお召しあがりいただける期限になります。賞味期限を過ぎたからといってすぐに腐敗するようなものではありませんので、お客様のご判断でお飲みいただければと思います。なお、パッケージに記載している栄養成分は賞味期限が過ぎた場合は保証できかねます。
スピルリナは何に効果がありますか?パッケージに書いていないので具体的に聞きたい。
実は食品は薬のように効能効果をパッケージやチラシ等に表示できないということが医薬品医療機器等法(薬機法)で定められています。そのため弊社は販売してから40年以上法令順守に取り組み続け、効能効果は記載していません。スピルリナを長年飲み続けている方からは健康を体感して嬉しいお声を多くいただいています。

法人のお客さま

スピルリナパウダー

スピルリナパウダーを退色防止や栄養強化で使う場合、パッケージの表示は異なりますか?
退色防止でも栄養強化でも食品扱いになるため、表示は「スピルリナ」となります。海外でご利用の場合は異なる場合がありますので、お問い合わせください。
スピルリナパウダーは人以外の飼料やペットフードにも使えますか?
スピルリナは鯉や金魚の色揚げで使われることが多く、最近ではペットフードにも使われています。詳細をお知りになりたい方はお問い合わせください。
オーガニック(有機)のスピルリナパウダーは取り扱っていますか?
日本ではオーガニック(有機)は「堆肥等で土作りを行い、化学合成肥料及び農薬の不使用を基本として栽培」したものと農林水産省が示しています。スピルリナやワサビなどのように水の中で育ち、土の中では育たない植物は、一般的にはオーガニックの定義に該当せず対象外になると言われています。もしオーガニックを探される場合、認証の是非について十分に注意することをおすすめします。

リナブルー®

加熱すると色が消えますか?
植物性色素のため、熱に弱い性質があり、加熱後に退色する場合がありますが、混ぜるタイミングや配合内容によってはきれいに色が残る場合もありますので、まずはお試しいただければと思います。
どのタイミングで混ぜると加熱しても色は残りますか?
条件によって異なりますが、ゼリー液の場合、60℃以下程度まで冷めてからリナブルー®とゼリー液を混ぜると比較的色は残る場合があるようです。
どのくらいの量を使えばいいですか?
水分を含めた原料の重さに対して0.05%~0.1%が目安です。
例:リナブルー®G1 5g 使用の場合
・ソーダ味のアイスキャンディー100ml:約200~250本分
・ブルーのカクテル 50ml:約400杯分

共通

業務用の購入単位は何kgですか?
商品一覧に記載していますので、ご確認ください。
商品の詳しい資料や見積もり、サンプルが欲しい
以下のお問い合わせフォームからご依頼ください。営業担当から折り返しご連絡させていただきます。
お急ぎの方は以下の電話にてお問合せください。
・お問い合わせ先 スピルリナ素材営業部 03-6733-5537

スピルリナとの比較

スピルリナとクロレラ・ユーグレナの違いは何ですか?

スピルリナ(Spirulina)

誕生は約30億年前。分類は藍藻(らんそう)類。
主に熱帯地域のアフリカやメキシコの塩湖で大量自生したところから原住民が採取し、主なタンパク源として日々の食事に利用してきた歴史が残っている。微細な藻類で、良質なたんぱく質を多く含むほか、ビタミン、ミネラル等のバランスに優れていることから、スーパーフードの中でも王様とも称され、注目を集めている。 特有成分はフィコシアニン、γ―リノレン酸、多糖などであるが、なかでもカロテノイドはβ―カロテンだけでなく、ゼアキサンチンを高濃度含んでいるのも特長で抗酸化成分としても注目されている。商品傾向はスピルリナ100%タイプが中心。

スピルリナ

クロレラ(Chlorella)

誕生は約20億年前。分類は緑藻(りょうそう)類。 スピルリナ、ユーグレナと同様に光合成能があり、たんぱく質含量が非常に高いため、第二次世界大戦以降には食料資源として注目され、世界各国で培養研究が始まった。特有成分は多糖CGFと葉緑素である。商品傾向はスピルリナ同様、クロレラ100%タイプが中心。

クロレラ

ユーグレナ(Euglena gracilis)

誕生は約5億年前。分類は動物界の原生動物と植物界の緑藻類の両方に分類される。 一般的には「ミドリムシ」と称され、食品・化粧品・飼料・バイオ燃料など幅広い活用方法が研究されている。栄養バランスに優れ、スピルリナと同様に健康補助食品としての需要が高まっている。特有成分は多糖パラミロン、EPA、DHAである。商品傾向はユーグレナ100%タイプが無く、他の成分などを配合したカプセルが中心。

ユーグレナ
スピルリナは野菜と比較するとどのくらいの栄養素が摂れますか?

スピルリナ4gで1日分の緑黄色野菜120g分のβ-カロテン相当量を摂れます。詳しくは以下の比較表でご確認ください。

スピルリナvs野菜 比較表

成分 スピルリナ4g ※1 緑黄色野菜100g ※2 淡色野菜200g ※2
たんぱく質 2.5g 1.7g 1.7g
食物繊維 0.2g 2.5g 3.0g
カルシウム 44mg 58mg 54mg
3.6mg 1.1mg 0.6mg
β-カロテン 7,400μg 2,770μg 204μg
ビタミンB1 0.13mg 0.08mg 0.08mg
ビタミンB2 0.16mg 0.11mg 0.06mg

※1スピルリナ(4g)は、スピルリナ原末より算出

※2代表的な野菜8種の平均値(「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」による)

スピルリナとクロレラはどう違うのですか?

スピルリナvsクロレラ 比較表

項目 スピルリナ クロレラ
歴史 誕生 約30億年前 約20億年前
発見 1927年ドイツ人 1890年オランダ人
研究開始・発表など 1967年国際学会・
1974年国連
1917年ドイツ・
1942年各国
製品量産開始 1978年日本(DIC株式会社) 1964年日本
分類 藻類 藍藻(らんそう) 緑藻(りょくそう)
スピルリナ
(単細胞)
クロレラ
(単細胞)
大きさ 長さ1/2mm(500μm) 直径1/200m(5μm)
効率 細胞壁 薄い 厚い
消化吸収率 95% ※ 60〜82%
便の色 野菜と同様 緑便が出やすい
粒の感触 歯につきやすい 歯につきにくい
粒の風味 海苔のよう 抹茶のよう
環境 気温 高温 中温
培養地 強アルカリ性 弱酸性
成分例(100g中) カロテン 80〜270mg 5〜75mg
カリウム 1300〜2000mg 700〜1400mg
クロロフィル 900〜1600mg
(aタイプの量)
1500〜4000mg
(a+bタイプの量)
フィコシアニン 3.5〜10g 0

※ラットによるスピルリナ中たんぱく質の給餌・排泄バランス試験より

お問い合わせ

お電話

一般のお客さま

*現在、新型コロナウイルス拡散防止対策として「原則在宅勤務」を実施していることから、電話でのお問い合わせは「留守番電話」となっております。お問い合わせに関しましては、画面右上の「 お問い合わせフォーム 」よりお送りくださいますよう、お願い申し上げます。

  • 電話でのお問い合わせ

    • 0120-32-8172   

      受付時間 9:00~17:00 (土日祝祭日を除く)

法人のお客さま受付時間 9:00~17:00(土日祝祭日を除く)

  • スピルリナ健康食品についてのお問い合わせ

    • スピルリナ健康食品営業
    • 03-6733-5535
  • スピルリナパウダーやリナブルー®等の素材に関するお問い合わせ

    • スピルリナ素材営業部
    • 03-6733-5537
  • 海外でのお取引に関するお問い合わせ

    • 海外営業部
    • 03-6733-5536
  • その他のお問い合わせ

    • マーケティング部
    • 03-6733-5539
  • 弊社通信販売に関するお問い合わせ

    • NSCプロジェクト
    • 03-6733-5540

お問い合わせフォーム

法人のお客さまからのご相談・お問い合わせはこちらにて受け付けております。

一般のお客さまからのご相談・お問い合わせはこちらにて受け付けております。

その他お問い合わせはこちらにて受け付けております。