スーパーフードとは? 基準があるの?

 2020/07/16

キヌア、チアシード、アサイーなど、海外セレブをはじめ、健康や美容を意識した食生活をしている人から人気を集めている「スーパーフード」。スーパーフード入りのお菓子やドリンクなども販売されていますよね。これだけ認知度の高いスーパーフードとは、いったいどんなものなのでしょうか。また、効果的にとるにはどうしたらいいのでしょうか。

スーパーフード

スーパーフードは高い栄養価をもつ食品

スーパーフードが世界的に有名になったのは、ハリウッドセレブたちが火付け役となったことが大きいでしょう。健康的で美しいプロポーションをもつ多くのセレブが、スーパーフードを食生活に取り入れたことでブームを巻き起こしたわけです。

そんなスーパーフードですが、実は公的な定義や基準というものがありません。一般社団法人 日本スーパーフード協会によると、「栄養バランスに優れ、一般的な食品に比べて栄養価が高い食品」あるいは「一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれている食品」がスーパーフードであるとされています。
実際、アミノ酸や脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいるのがスーパーフードの特長。どれも、ヒトが生きていくうえで欠かせないものばかりですよね。定義や基準がなくても、健康の増進や美容への効果は十分期待できそうです。

どんなものがスーパーフードなの?

「スーパー」と名がつく以上、一般的な野菜や果物などに比べて栄養価の高いものがスーパーフードとイメージできますよね。いろいろな種類がありますが、代表的なものをご紹介します。

  • キヌア

    食用として長い歴史をもつ穀物。
    米や小麦などの穀物と比較してたんぱく質を豊富に含み、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルやビタミンB群の含有量も多いです。
    サラダにプラスしたり、米に混ぜて炊いたりすることが多いです。
  • チアシード

    シソ科の植物「チア」の種子。
    食物繊維や脂肪酸、たんぱく質を豊富に含み、水に浸すと約10倍に膨らんでジェル状になります。
    水分を多く吸収して膨らむため、満腹感を得やすく、ジュースなどに混ぜて摂取すれば手軽にダイエットできます。
  • アサイー

    ヤシ科の植物で、ブルーベリーに似た外観。
    抗酸化作用のあるアントシアニン(ポリフェノールの一種)のほか、鉄分や食物繊維を豊富に含んでいます。
    スムージーやアサイーボウルなど多数商品化されており、スーパーフードを試してみたい初心者にもおすすめです。
  • クコの実

    「ゴジベリー」「ウルフベリー」などとも呼ばれるナス科の植物で、枸杞子(くこし)という生薬として用いられることも。杏仁豆腐のトッピングとしてもよく知られていますよね。
    ミネラルやビタミン、とくにβ-カロテンを豊富に含んでおり、美容を意識している方におすすめです。
  • スピルリナ

    世界最古の植物ともいわれる藍藻類の一種。
    アミノ酸のバランスがとれたたんぱく質のほか、食物繊維、クロロフィルやフィコシアニンといった色素など、さまざまな栄養素を豊富に含んでいます。
    体内での消化吸収率が高く、宇宙食としても研究が進んでいるんだとか。

栄養バランスで選ぶ、スーパーフードの効果的なとり方は?

スーパーフードは、栄養バランスに優れているとはいっても、それだけで必要な栄養素をすべてまかなうことはなかなか難しいものです。そのため、普段の食事で足りない栄養素を補ったり、とくに必要な栄養素を集中してとったりするのに活用するのがおすすめです。

たとえば、女性であれば、食物繊維や鉄分を重点的にとりつつ、美容効果が期待できるβ-カロテンやポリフェノールも意識してとるのがポイント。
また、近年では、炭水化物や脂肪の摂取量は比較的多いものの、たんぱく質(アミノ酸)やビタミン、ミネラルについては意外に不足しがちです。余分な炭水化物や脂肪をスーパーフードに置き換えることで、栄養バランスの整った食事に近づけられますよ。 そのほか、ダイエットのために間食を我慢するのではなく、スーパーフードを配合したスナックにするのもおすすめです。
ぜひ、楽しみながらスーパーフードを食生活に取り入れてみませんか?

スーパーフード
朝食