スピルリナが持つ美しい青、黄、緑・・・鮮やかなフィトケミカル(ファイトケミカル)達

スピルリナのもつカラフル色素

野菜や果物が自分自身を太陽の紫外線などから守るためにもつフィトケミカル(ファイトケミカル)には、強い抗酸化作用があり、私たちの体の中でも同じような働きが期待されていると言われています。
人間に欠かせない炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素に加え、第6の栄養素と言われる食物繊維。さらに「第7の栄養素」として近年注目を浴びているのがフィトケミカルです。※

※株式会社法研「病気にならない魔法の7色野菜 中村丁次著」より

スピルリナも人間の体の働きに欠くことのできない色素、フィトケミカルを持っています。

【青】 <フィコシアニン>
藍藻類が持つ光合成に関与する色素の1つで、スピルリナの主要たんぱく質です。 鮮やかな青色を呈します。 貴重な植物由来の食用色素として冷菓・氷菓・ガム・キャンディー・わさびなどに利用されています。

【黄】 <β-カロテン>
カロテノイド系色素 体内で必要な時にビタミンA(レチノール)に変化します。 にんじん、ほうれん草、ピーマン、かぼちゃなどの緑黄色野菜にも多く含まれます。
<ゼアキサンチン>
カロテノイド系色素 とうもろこし、ほうれん草、マンゴー、鶏卵などにも含まれる黄橙色の色素です。

【緑】 <クロロフィル>
植物の光合成に不可欠の緑色色素です。 光エネルギーの化学エネルギーへの変換(ATP、GTPなど高エネルギーリン酸化合物の生成)に重要な役割を果しています。

【スピルリナ熱水抽出分】
独自の技術でスピルリナから熱水抽出された成分を精製濃縮したものを“スピルリナエキス”と呼んでいます。
スピルリナエキスの主な成分は、多糖や核酸などの水溶性の健康成分です。
多糖を高濃度に含有するこのスピルリナエキスは非常に注目されている素材の一つです。

カラフル色素

DICスピルリナの青色色素 リナブルー®

リナブルー®とは

管理培養したDICスピルリナに含まれている青色色素“フィコシアニン”を商品化した鮮やかな食品用青色着色料です。赤、黄の色素と混合することで鮮やかな紫、緑、その他中間色が得られます。
フィコシアニンはクロロフィル、カロテノイドと同様に光合成に関与し、生命維持に重要な役割を果たしています。色素部分のフィコシアノビリンとたんぱく質が結合した構造をしており、水前寺のり、浅草のりにも含まれます。
スピルリナは大きさが0.3~0.5mmほどのらせん形をした小さな藻で約30億年前に誕生した生物です。誕生当時よりその姿を保ち、地球に最初に酸素をもたらした生命力の強い生物です。たんぱく質、ビタミン、ミネラル、光合成色素類などの栄養成分も、その生い立ちから動物、植物の両方の性質を持ち合わせ、互いの欠点を補う良質な総合栄養補助食品として健康食品などに利用されています。

リナブルー®製品詳細へ


DICスピルリナの青色色素
フィコシアニンの構造
フィコシアニンの構造
DICスピルリナの青色色素

「リナブルー®」は安定した性質があります。

1.溶解性

粉末品は冷水~温水に速やかに溶け、均一透明な水溶液が得られます。

2.pH安定性

pH4.5~8.0で色調の変化はありません。たんぱく質結合色素のためpH4.2付近で凝集、沈殿を生じますが、牛乳、卵その他たんぱく質と共用することにより安定性が向上します。

3.熱安定性

たんぱく質結合色素のため、冷時添加か、60℃付近で添加後速やかに冷却するのが適当です。ただし、高濃度の砂糖溶液などでは安定性は格段に向上します。

4.光安定性

光に対しては若干安定性が劣りますが、アスコルビン酸ナトリウムなどの抗酸化剤と共用すると安定性は格段に向上します。

5.アルコール安定性

100%では沈殿を起こしますが、20%以下のアルコール溶液には溶けます。

6.金属イオン安定性

Fe3+,Al3+等3価の金属イオンの影響を受けますが、金属封鎖材を使用することで影響を軽減できます。

「リナブルー®」の性状

1.本品は粉末状と液状の2種類があります。粉末品の粒度は40メッシュ以下です。液状品グリセリンに溶解させています。

2.粉末品の水溶解時及び液状品の色調は鮮明な青色でわずかに赤色蛍光を呈します。

3.最大吸収波長(λ max)は618nmで合成着色剤青色1号と2号のほぼ中間に位置します。

吸収スペクトル

吸収スペクトル

「リナブルー®」の物性

熱安定性

アルコール安定性

光安定性

ph安定性

リナブルー®混合実験

リナブルー®(LES2)を各ドリンクに1滴(0.07g)添加。

リナブルー色比較 混合前
→
リナブルー色比較 混合後

同じように見える色味でも滴下後に差が出ているのには大きく分けて3つの影響が考えられます。
1:黄色みの若干の差
2:pH
3:アルコール
物性のグラフにもあるように、リナブルー®はpHが低いと緑変する傾向にあります。また、アルコールでも緑変する傾向があります。また、白濁しているドリンクには色がついていないように見えるかもしれませんが、実際は薄い水色がついています。

リナブルー®は青だけではなく、このように美しい様々な緑色を表現することも可能です。

お問い合わせ

カタログダウンロード