信頼と安心のDICスピルリナ DICライフテック株式会社

“Vital Spiral” Spirulina
スピルリナ トップ
スピルリナとは
DICスピルリナの栄養素
DICスピルリナの
青色色素
DICスピルリナの特徴
DICスピルリナの生産方法
自然環境保護
DICスピルリナの安全性・認定取得状況
DICライフテックのスピルリナ製品ラインナップ

【デジタルパンフレット】

リナブル−®
リナブル−

日本語 Korean English


DICスピルリナパウダー
DICスピルリナパウダー

日本語 Chinese


Global Leaders of Spirulina
Global Leaders of Spirulina

English


English
Spirulina Top page.



品質と信頼 DICライフテックのスピルリナ

スピルリナ

Information

2016/07 【米国アースライズ社が新たな食品安全認証を取得しました】
世界最先端の食品安全管理システムFSSC22000をリナブルーの新製造設備に対しても追加取得しました。

2015/10 【米国アースライズ社の認証書を追加しました】
遺伝子非組み換えを証明する新たな認証書“NON-GMO Project”を取得し、HPを更新しました。

2015/09 【藻類研究のパイオニアとしてグローバル市場を積極的に開拓
スピルリナの培養から応用利用までを総合的に研究する「DIC/Earthrise 藻類研究センター」をスピルリナ生産拠点のひとつである米国子会社アースライズ社(Earthrise Nutritionals,LLC、カリフォルニア州)の敷地内に開設しました。

2015/07 【天然系色素のグローバルリーダーとしての立場を更に強化
Earthrise Nutritionals社(米国) に青色色素リナブルー®の最新鋭工場が8月に新設され、安定供給体制が確立されます。

2014/10 厚生労働省は健康食品に対する“放射線殺菌”の確認強化を各検疫所に指示しました。DICスピルリナ製品は、一切、“放射線殺菌”を行っておりませんので、安心してご愛用下さい。

2014/4 リナブルー®は、米国FDAの規格改定に完全準拠しております。このため、ほとんどの米国向け食品でもご使用頂けます。

2013/11 リナブルー®は、新たに要求された欧州規格に完全準拠しております。このため、欧州地域向け食品でもご使用頂けます。

2013/11 Earthrise Nutritionals社(米国)に青色色素リナブルー®の工場を新設し、安定供給体制を確立致します。

2012/6 植物由来の青色色素リナブルー®並びに、海南スピルリナ粉末はKOSHER認証を取得しました。

2012/4 植物由来の青色色素リナブルー®は、HALAL認証を取得しました。

2010/4 海南迪愛生微藻有限公司は、工場排水、騒音、大気汚染などの厳しい環境基準をクリアーし、中国政府機関から規制遵守企業の認証を授与されました。

大日本インキ化学工業(現DIC)は1977年にスピルリナの大量管理培養技術を確立し、世界で初めてスピルリナの商業生産に成功しました。
今日では2ヵ所の自社工場で年間800トンのスピルリナを生産する世界最大級のスピルリナメーカーです。

このページの先頭へ戻る