サステナビリティ活動計画

サステナビリティ活動計画

DICライフテック株式会社 2020年度サステナビリティ活動計画

当社は、DICグループの一員として、DICグループのサステナビリティ方針と活動計画、およびカラーマテリアル製品本部のサステナビリティ活動計画の主旨に従い、テーマ区分「安全・環境・健康」、「品質」、「社会課題のビジネス展開」、「新技術と価値の創造」、「リスクマネジメント」、「社会との共生・社会貢献」、「人材マネジメント」に則り、DICライフテック株式会社のサステナビリティ活動計画として以下を取り組む。

  • 「食の安全」の徹底
    顧客が直接摂取する食品を事業とする当社において、法令遵守と安全・品質に対する取り組みは必須のものである。当社自体のみならず海外生産拠点・生産委託先および物流拠点との連携を図りながら、汚染物質(農薬、重金属や放射線等)の検査において安全が確認された原料のみを使用し、異物混入未然防止策を徹底するなど、安全・品質に対する取り組みをより一層強化し「食の安全」を徹底する。
  • 顧客・マーケットを意識した事業運営
    消費者向け製品を主たる事業分野とする当社は、常に顧客・マーケットを意識した事業運営が必要である。顧客からの苦情やご意見を真摯に受け止め、迅速かつ誠意ある対応を心がけることで、常に製品やサービスの改善に活かしていく。また、顧客目線でニーズを探り、顧客満足度の高い製品を提案・提供できる事業体制の実現に取り組む。
  • 独自性を活かした製品開発
    当社製品は、培養・抽出などにより得られる生産物を根幹原料とする、極めて特異かつオリジナルの技術を土台としている。当社は、DIC㈱カラーマテリアル技術・生産グループと協力の上、更に基礎的生産技術から応用的用途開発技術やノウハウの蓄積を活用し、差別化した製品、独創的な製品の開発に努める。
  • BCP(事業継続計画)のグローバル展開
    当社製品は、製造プロセスの一部を海外生産拠点や国内生産委託先に依存しているが、気候変動の影響や世界的な需要の動向等により玉不足に陥る懸念がある。これを回避するためにグローバルレベルでのBCPを策定し、リスクヘッジ策や増産対策を講じるなど、非常時の顧客への影響度を意識した事業戦略の構築を図る。
  • スピルリナを通じた社会貢献
    当社は、地域社会との交流や児童教育への貢献を目的として、「食」に対する関心と探究心を醸成するために、小学生を対象とした食育体験教室等を実施するとともに、高齢者を対象に栄養摂取の重要性を訴求した講演会の実施等を通して、フレイル防止、健康寿命の延伸に取り組む。
  • 人材マネジメント
    DIC㈱の各種研修プログラム活用等により社員が個々の能力を高め、それに応じた活躍の場で最大限に能力を発揮し、多彩な人材が活躍できる会社を目指す。